logo5.jpg



目次
1・視力低下に対する悩みとは?

2・無料でもらえる視力回復法マニュアル

3・2週間で視力が回復する方法とは?

4・他の視力回復方法についての比較

5・視力が回復しないとどうなる?

6・豪華特典について

7・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



situmonbana.jpg



視力低下に対する悩みとは?

今日は、視力低下で悩んでいる人のお話をしたいと思います。


実は、僕も最近視力が低下して悩んでおりました。


僕は仕事柄、一日中ほぼパソコンを使っている仕事をしています。


その結果、仕事を始めてから急に視力が低下しました。


この前、眼科で視力を測定したら右目0.5、左目0.4でした。


とても、ショックでした。もうやだ〜(悲しい顔)


特に、仕事が終わった後がひどいです。


最初は目が疲れているだけかも?とか、目が乾燥しているからだとか
思っていましたが、それだけではないような気がしています。


僕以外にも視力が悪かったり、視力が低下している人で悩んで
いる人がたくさんいると思います。


昔と違い現代社会の人達の多くはテレビやパソコン、ゲーム機の
普及により視力が悪い人が増えているそうです。


ちなみに、今では小学生でも4人に1人は視力が1.0を
切っているそうです。


現在では、視力の低下は『一種の生活習慣病』になっているのです。


そして、『一度落ちてしまった視力はもう元には戻らない・・・』
と諦めている人がなんと多いことか・・・


では、視力低下の原因は何かご存知でしょうか?


僕も最近知ったことなのですが


実は・・・


続きを読む>>>

無料でもらえる視力回復法マニュアル

実は、視力が低下している一番の原因は『目の運動不足
だということをご存知でしたか?


ですから、視力を回復する為には『目の運動』をしてあげれば
いいのです。


事実、『アフリカの人たちは視力が驚くほど良い!』
という話を聞いたことはありませんか?


アフリカの人達は、毎日獲物を探すたびに遠くを見たり、
近くを見たり目を「運動」させている結果、同じ人間なのに
視力が5.0だったり7.0だったりします。


4.0以上の視力の持ち主なんて沢山いるそうですよ。


この情報はあるサイトで配布されている視力回復に関する
無料冊子で手に入れた専門家の情報なので間違いないはずです。


もしあなたも視力回復について悩んでいるのなら、
この無料冊子はきっと役に立つと思いますよわーい(嬉しい顔)


リンクを貼っておくのでもしよろしければ読んでみてください。


注)そのサイトは有料サービスの紹介もしていますが、
  とりあえず有料の方は無視していて良いと思いますよ。

 


無料の冊子だけで十分得るものはありますので。


無料冊子はこちらのページの上の方にございます。


次回は更に詳しく掘り下げていきます。


続きを読む>>>

2週間で視力が回復する方法とは?

前回ご紹介した視力回復関連の無料冊子は読んでいただけました?


まだ、読んでいない場合はこちらのサイトで視力回復に関連の
ある無料冊子が配布されています。


このサイトでは視力回復の有料テキストも売られていたので
購入してみたのですが、これが結構役に立ちましたわーい(嬉しい顔)


最初はネットで物を買うことに抵抗がありましたが、
買ってみるとすぐに商品をパソコンで閲覧することが出来たので
何の心配もありませんでした。


特に、この視力回復のトレーニング方法は松崎先生が考案
されたものなので巷では絶対に手に入らない情報ですし、
5万人以上の方がこのトレーニングで視力を回復しているので
実績もあり大変参考になりました。


また、最近では『試してガッテン』や『思いっきりテレビ』
でも取り上げられて有名になっているそうです。


実際に、僕もトレーニングを始めて最初の1週間で随分周囲が
明るく見えるようになりました。


その後、トレーニング開始1ヵ月後には右目0.5⇒1.0
左目0.4⇒0.8まで回復しました。わーい(嬉しい顔)


最近では、レーシック手術が有名ですが、値段的にも
30万円〜100万円以上と高額な上にまだまだ危険性もありますし
術後に視力が低下したという話も聞いたことがあります。


安全面と値段から言っても今回ご紹介した有料テキストの方が
個人的にはメリットが大きいと思いますよ。


もしよろしかったらあなたもご検討してみてくださいわーい(嬉しい顔)


損はしないと思いますので。


詳細はこちら>>>


購入に関してご質問等がございましたら、僕の方でもご相談にのれます。


お気軽にご質問ください。


ご質問はこちらからるんるん


次回はいろんな視力回復法を比較してみますね。


続きを読む>>>

他の視力回復方法についての比較

今日は、視力回復方法について色々調べてみたので
その結果をご報告したいと思います。


まず、最初に前回ご紹介した有料テキストの著者である
松崎 五三男さんですが、実は大変有名な先生で書籍も
出版されています。


2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)


誰でもできる視力回復トレーニング


わずか2週間で視力が回復する―大学教授が開発した驚異の「15点紙」凝視法! (サラ・ブックス)


で、実際にこれらの書籍と今回ご紹介した有料テキストが
どのように違うのか質問してみましたのでその時のメールを
やり取りを御覧下さい。


【質問内容】

松崎先生の著書『2週間で目が驚くほど良くなる本』や『誰でもできる視力回復トレーニング』、『わずか2週間で視力が回復する―大学教授が開発した驚異の「15点紙」凝視法!』とどのような違いがあるのでしょうか?

内容が重複していることはないのでしょうか?


【回答】

ノウハウは従来の松崎式視力回復トレーニングを継承しております。
それに最新の視力回復情報を掲載したものが『アイ・ファンタスティック』です。

著者が同一人物ですので、どうしても内容が重複してしまう
部分が御座います。

弊社では、

@メールを通じてのトレーニングのサポート

Aご質問に対するご返答

B商品が更新された際の最新版のご提供

以上の3点を付加価値と考えております。

ご理解頂けると幸いです。



このような回答が返って来ました。


ポイントは、書籍には載っていない最新の情報が追加されて
いることとサポートが無料で行ってもらえることですね。


実は、私も松崎先生の本を何冊か持っていますが、確かに重複している部分もありましたが、全てではなく最新情報も書かれていました。


本などはサポートが付いていないので、その分前回ご紹介した有料テキストの方が安心してトレーニングをすることが出来ると思います。


さらにテキストが更新された場合は無料でバージョンアップして
もらえるのも良いですよね。


次に、視力回復センターについて調べました。


まず、視力回復センターは通わなければいけませんので
遠方の方や近くに視力回復センターがない人は通うことが
出来ないといったデメリットがあります。


また、費用も入会金、月額費用がかかるのが一般的です。


さらに別途使用する医療機器によって、金額が加算されます。


僕も以前視力回復センターに通ったことがあるのですが
その時は入会金が1万円で10回ほど通って7万程支払いました。


肝心の効果ですが、これが人によってその効果はマチマチです。


しかし、色々調べていると通っている間は確かに視力が上がりますが、
一時的なもので、すぐに元の視力に戻ってしまうという意見が多かった
ですね。


視力回復センターに通わずに機材を購入する方法もありますが、
この機材が1台20万位と高額です。


いろいろな噂と聞くと、視力回復センターは結構インチキで
高額なところが多いと聞きますので要注意ですね。


次に、オルソケラトロジー(オーソケラトロジー)(オルソケー)
について調べてみました。


オルソケラトロジーとは、、角膜矯正のハードコンタクトレンズを装用して、近視を改善させる治療法のことです。


別名「オルソ」とも言われます。


元々アメリカで開発されて、アメリカのFDA公認のハードコンタクトを装用することで、近視を矯正する治療法として普及してきました。


日本でも10年ほど前から徐々に一般の眼科でもオルソケラトロジーが導入されて、レーシックのようにレーザーを使わない視力矯正として人気が出てきました。


オルソケラトロジーとレーシックの費用を比較した場合、オルソケラトロジーの方がトータルでのコストは高いかも知れません。


現在提供されているオルソケラトロジーの価格はだいたい
20万円くらいからです。


高い眼科医になると、両眼で40万円というのもあります。


これは、レンズ代はだいたい同じと考えると、実はほとんど
眼科医の診療費なんですよね。


カウンセリングが入りますから、その分時間も手間もかかる訳ですね。


ですから、その分の費用と考えると納得はいきますね。


また、目薬や数年後に買い替えるようになるレンズの費用を考えると、決して安くはありませんね。


レーシックの場合は、術後の経過が良好であれば、それ以上費用はかからないのが一般的です。


もちろん、定期検査は必要かもしれませんが・・・。


トータルで考えると、オルソケラトロジーはちょっと高いかもしれませんが、角膜を傷つけたくない、と考える人にとってはやはりベストな選択肢だと思います。


ただし、デメリットもあります。


1、毎晩装用しなければいけない


オルソケラトロジーは毎日装用しないとダメです。


習慣になっている人なら大丈夫ですが、時々煩わしさを感じる人も
多いみたいです。


2、自費診療になる


オルソケラトロジーは、日本で保険がききません。


ですから、現状は検査も含めて、全てが自費診療です。


最低でも20万円程度はかかりそうですから、
費用は頭が痛いところですね。


3、レンズ交換の必要性がある


オルソケラトロジーのハードコンタクトレンズは、一度手に入れたら
一生使える訳ではありません。


酸素透過性が低下すれば、当然交換しなくてはなりません。


交換の度に、かなり大きな出費がかかりますから、事前に眼科医に
相談した方がいいと思います。


また、オルソケラトロジーの体験者の中には・・・


『ドライアイのせいで、朝はコンタクトが張り付いてなかなかとれない』


『目が痛い』


『夜になると、光がぼやけて、運転などは非常に危険』


『付けた位置がちょっとでもずれてると、次の日視力が落ちる』



といった症状も出るみたいですよ。


最後に今有名なレーシックですが、良い噂が多いようですが
実はデメリットもたくさんあります。


以下、レーシックのデメリットです。


・17歳以下の方は眼球が成長過程にあるため、18歳以上になるまで手術が受けれない。

・適応検査で不適応(角膜の厚さが薄いなど)と診断された場合は、残念ながら受けられません。

・妊娠中・授乳中の方は受けられません。
 
※レーシックで使用される薬等が胎児へどのような影響を与えるか解明されていないためです。

また、ホルモンバランスが崩れ角膜の厚さが変化するため、度数が変化する場合があるのです。

・糖尿病、膠原病など内的疾患(病気)をお持ちの方は、
 受けられない場合もありますので医師にご相談ください。

・白内障、緑内障、角膜の厚さ、近視や乱視があまりに強い方など、眼の状態によっては受けられない場合もあります。

・パイロットや交通機関の運転手を職業とする方には
 お勧めできません。

 従来に比べてかなり克服されたとは言え、手術後のドライアイや
 光がにじんだりといった症状を考慮した場合、決して100%
 安全とは言い切れません。

・安定剤やステロイド剤を使用している方は、
 必ず専門医にご相談する必要があります。

 薬の影響で視力が不安定になる場合があります。

・ここ一年間、視力が変化していないことが前提になります。

・高齢者の方はレーシックをしても視力矯正できる可能性は低く
 お勧めできません。


以上、レーシックにはこのようなデメリットがあります。


意外と結構多くあったのでビックリしました。


また、レーシックは保険が適応されない為に金額も30万から100万前後と高額なのも躊躇しますよね。


ただし、生命保険会社によっては給付金が受けられるところもあるそうです。


さらに、レーシックには副作用もあります。


主な副作用に『ドライアイ』、『ハロ・グレア現象』などがあります。


※ハロ・グレア現象とは?

光の受け方によって『ハロ現象』「グレア現象」という現象が
起こることがあります。

ハロ現象とは、明るい光の周りにぼんやりとモヤがかかっているように見える症状で、グレア現象とは、明るい光がまぶしく見える症状を言います。


さらに、レーシックを受けると、100%と言って良い確率で、
夜間視力がかなり落ちるそうです。


つまり、暗いところで、物が見えにくくなるんですね。


ということは、コンタクトやメガネで夜間見えていた時のような
視力は、絶対に得られないということです。


これは時間がたっても治らないそうですよ。


少し余談ですが、僕の知人で、5人がレーシックを受けていますが、
そのうちの4人は、『晴れた日はまぶしくて、サングラスが手放せない』と言ってます。


光がまぶしいと感じるのも、副作用の1つではないでしょうか?


これも、手術から日がたっても改善されないことの1つだそうですよ。


また、先日イントラレーシック手術を受けた人でこんな人がいました。


『術後3日目から、右目がぼやけます。


すべての光と物の輪郭は右下に伸びています。


少し二重に見えている状態です。


術後の1週間検診を受けましたが、「異状なし、しばらく様子みて」
と言われました。


毎日の朝、目覚める時、奇跡起きると期待していましたが、
まだ、治る兆候はありません。』



眼科医の中には『レーシックは危険!副作用も強いし、将来的に不安』との考えを持っている人がかなり多いそうです。


レーシックに反対している眼科医の著書もありますので一度読んでみてはどうでしょうか?


以上が視力回復に関して調べた結果です。


一般的に視力回復方法は金額が高い傾向にあります。


前回、ご紹介したテキストは金額的に非常に安く、国家資格
を持った医師が考案した視力回復法であり、5万人以上の
視力回復の実績があるトレーニング方法なので今思うと
安全性も高くお得なものを買ったようです。


他にも探せば視力回復方法は見つかると思いますが、
とりあえずこちらを買っておけば間違いないと思いますよ。


ヒロシお勧めの視力回復方法


ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


内容を知ってますので結構お答えできると思いますよ。


ご質問はこちらからわーい(嬉しい顔)


次回は視力回復に関する恐ろしいお話をしちゃいます。がく〜(落胆した顔)


続きを読む>>>

視力が回復しないとどうなる?

今日は前回の予告どおり、視力に関する恐ろしいお話です。がく〜(落胆した顔)


あなたは、今迄視力が悪いことでどのような弊害があるかを考えた
ことはありますか?


メガネやコンタクトに頼って一生生きていくのにどれくらいの
デメリットがあるのでしょうか?


昔は、目が悪い人にとってメガネは必需品でした。


ところが、メガネは煩わしいと思っている人が随分多いようですね。


例えば、『掛けている部分しか良く見えない』、『回りがボケているのが気になる』、『すぐにくもってしまう』などなど。


また、メガネもある程度の期間使用していると、掛け心地が悪くなったり度が合わなくなったりします。


そうなると当然買い換える必要が出てきます。


大人で大体2〜3年のサイクルで買い替えするのではないでしょうか?


子供ですと度が進むのも早いですから、もっとサイクルとしては早い
かも知れませんね。


また、落として壊して買い換える場合もありますよね。


最近は安いメガネもありますが、大体1〜2万前後のメガネを
買われている人が多いみたいですね。


メガネはコスト的には一番安く付きますが、やはり煩わしいのが
嫌だと思っている人が多いのではないでしょうか?


では、現在約1664万人が愛用していると言われている
コンタクトの場合はどうでしょうか?


コンタクトの場合は、メガネよりも維持費がかかります。


では、コンタクトを使い続けるといくらかかるでしょうか?


もし、普段はほとんどメガネをかけていて、週末出かける時だけコンタクトにして1日使い捨てタイプを使ったとしたら・・・


1日使い捨てコンタクト1箱 2,000円の場合


1箱 約2,000円 × 12ヶ月 = 24,000円


単純に計算して、 10年で、なんと24万円がく〜(落胆した顔)


さらに、メガネも2〜3年に1度買い替えたりすると
その分の費用も要ります。


実際は、ケア用品代・眼科での診察料などを入れるともっと
お金がかかります。


当然、コンタクト常用者の方ならもっと費用は高くなります。


僕の友人は2週間の使い捨てコンタクトで、ケア用品を含めて、
年4万ほどはかかると言っていました。


毎日使い捨てるタイプでしたら6万以上かかるそうです。


さらに、コンタクトの場合は危険も伴います。


便利で、快適なコンタクトですが、誤解や間違えた使い方が原因で
トラブルが増加しているそうです。


特にソフトコンタクトレンズは目に障害が起こっても痛みなどの
自覚症状が比較的少ない為、いつのまにか重い症状になっている
ケースが多いようですね。


コンタクトレンズは、適切な処方と装用、正しいレンズケアや
定期検査など、使い方のルールをしっかり守らなければ、
角膜を傷つけるなど、深刻な眼障害を引き起こしかねません。


また、直接目に付けるため手入れを怠ると眼病になる場合もあります。


主な眼病に『巨大乳頭結膜炎』、『ウィルス性結膜炎』、『角膜浸潤』、『点状表層角膜症』、『角膜血管新生』、『角膜内皮障害』、『角膜潰瘍』などがあります。


最後に最近話題のレーシックですが、問題点も多いようです。


例えば、執刀医の技術による手術の精度が重要視されている点です。


レーシックは、『角膜を削る手術』を行う為、手術後の経過や完治後の状態が執刀医の技量に左右されてしまいます。


また、手術を行った後に元に戻すことは出来ません。


仮に手術のやり直しが必要な場合でも、角膜に必要な厚さが残っていなければ、再手術を行うことも出来ません。


さらに、術後感染症になる可能性もあります。


手術は、角膜を切って手術を行いますが、切った角膜を元に戻す形で処置するため、実際に角膜を切ることにより、切り口から細菌などが入り、感染症になってしまう危険性があります。


感染症などのリスクは、術後の処置をしっかり行っていれば、かなりの確率で抑えることは可能ですが、リスクが『ゼロ』になることはありません。


レーシック手術後に感染症を起こしてしまい、目が白く濁ってしまうことがあります。


これは早期に治療すれば問題はないのですが、治療が遅れてしまうと、最悪の場合角膜を移植しなければならない可能性があります。


さらに、レーシックには医者の技術や医療器材に関するリスクが伴います。


フラップを元に戻す時に、そのフラップにシワが寄ってしまったり、手術中に角膜を削りすぎてしまうことなどで、不正乱視という症状が起きてしまうことがあります。


また、病院にある医療器材の影響で、フラップが不完全な状態で作られてしまうと、上皮剥離という症状を起こしてしまう可能性があります。


※フラップとは、レーシックの手術で使用する円状のふたのことです。

角膜の表面を薄く切り作られます。

このフラップはレーザーを当てるときの照準にしたり、
手術後の回復を手助けする役割を果たします。


以上、視力回復にまつわるちょっと怖い話をしてきましたが、
あなたはこのままで大丈夫ですか?


僕でお役に立てることがあればお手伝いさせて頂きますよ。わーい(嬉しい顔)


お気軽にご質問ください。


ご質問はこちらるんるん


視力回復を本気で考えているならこちらを購入した方が
手っ取り早いです。


価格以上の価値はありますのでわーい(嬉しい顔)


豪華特典を見る?>>>

豪華特典について

『アイファンタスティック』はテレビでも取り上げられて、今とても人気ですね。


私以外にも、この方法で実際に視力回復されている方もたくさんいるみたいですね。


でも、『この方法で自分の視力も本当に回復するのだろうか?』
と不安に思って、買うのをためらう方もおられると思います。


そんな方のために豪華特典をご用意致しました。


このサイトを見られた方に限り、今人気の『アイファンタスティック』を入手し、更に元手0円で現金3万円を入手する方法を紹介しています。


これで、ためらうことなく『アイファンタスティック』を購入できるのではないかと思います。


そして、『アイファンタスティック』で是非、視力を回復させてください。わーい(嬉しい顔)


では、以下にその手順をご説明致します。


ひらめき手順1

下のリンク先にて、『アイファンタスティック』をご購入ください。


>>>豪華特典付き『アイファンタスティック』を賢く入手する!<<<


※上記のリンクから購入されない場合は特典を差し上げることが出来ませんのでくれぐれもご注意下さい。


※購入前にクッキーを必ず有効にしてください。



クッキーを有効にする方法は、こちらをご参照ください。


クッキーが無効の場合、特典をお渡しできませんので、くれぐれもご注意ください!


特典をご希望の場合は、上記のリンクを経由して商品を購入後、下記のフォームよりご請求下さいませ。


特典を請求される場合は、こちらの特典請求フォームから御願いします。



ご登録いただいたメールアドレスは私からのご連絡用としてのみ
利用し第三者への提供は致しません。



ひらめき手順2


特典請求後、『現金3万円入手マニュアル』が届きましたらダウンロードし、『現金3万円入手マニュアル』に書かれていることを実行します。


ひらめき手順3


現金3万円がご指定の口座に振り込まれます。


『現金3万円入手マニュアル』のメリット


1.この方法は、元手0円で実行できます。

つまり、あなたのお財布から1円も出すことなく、ノーリスクで3万円を入手することが出来ます。


2.インターネット上で簡単な作業をして頂くだけです。


3.今迄、インターネットでお金を稼いだことのない方は、お金を稼ぐ喜びを味わっていただけます。


『現金3万円入手マニュアル』のデメリット


1.インターネット上での作業は必須です。

2.お一人様1回限りしか出来ません。

  何回も出来たら仕事する必要ありませんよね。


このマニュアルはこんな方法ではありません!


1.ヤフーオークションは使用しません。

  商品をどこかから仕入れて、発送するといった
  面倒なことはしません。

  それに、この方法だと0円では実行出来ません。

2.パソコンは使用しますが、パソコンに関する高度な
  知識を必要としません。

3.ブログやメルマガといった媒体は必要ありません。

4.違法行為ではありません。

私や友人も、実際にこの方法で3万円を入手しておりますのでご安心下さい。


【必要なもの】

インターネット接続が可能なパソコン。

ご本人名義の銀行口座。


【無料サポート】

『現金3万円入手マニュアル』は、現金の入手手順を分かりやすく、図入りで説明しております。

とはいえ、パソコンに不慣れな方は「自分でも出来るの?」と不安に思われるかもしれません。

そのような方の不安を解消するために、無料メールサポートをお付けします。

安心して3万円を入手してください。


お問い合わせ先はマニュアルの最後に記載しております。


現金3万円入手マニュアルを入手いただいた後のご質問

・ご購入商品名、ご購入日をメール本文もしくは文中にご記入ください。

・ 「○ページの○○についてうまく出来ません」などと具体的に書いてくださると非常に助かります。


ただし、私のサポートは『現金3万円入手マニュアル』に関してだけです。


『アイファンタスティック』に関しては、大変申し訳ございませんが販売者様にお尋ねください。


☆注意☆

この『現金3万円入手マニュアル』は、先着50名様にのみ、付けております。


あまりにたくさんの方が入手されると、無料メールサポートが困難になりますので、購入を検討されている場合はお早めにご入手ください。



>>>豪華特典付き『アイファンタスティック』を賢く入手する!<<<


追伸



『アイファンタスティック』、『現金3万円入手マニュアル』を入手されなかった方へ


今回、これらの特別マニュアルを入手しないと判断されたあなたの決定を私は否定するつもりはありません。


人にはそれぞれ価値観がありますし、タイミングというものがありますので、今のあなたには必要のないものだったのでしょう。


でもあなたが、今どうしてもよりよい人生を送りたいと思いながら
うまくいかないでいるなら、1つだけ忠告いたします。


世の中の現状に不満な人の多くは、不満を持つだけで何も行動しないという共通点があります。


そういう人はいつまでたっても現状が変わることがありません。


現状の自分を何とか変えたいと真剣に思っているのなら、今すぐ行動を起こされることをお勧めします。


それでは、あなたが今後の人生を有意義に送られることをお祈り致します。


最後までお読み頂きありがとうございました。



特典の不正請求について


特典の不正請求と思われる場合、商材作者と確認の上、厳密に対処させていただきます。

・購入していないのに、特典請求すること。

・第三者と協力して不正に請求すること。

・改造、改変、何らかの意図的な作為によって、不正請求すること。

・過去に不正請求をした人。


何かご質問がありましたらこちらから御気軽にどうぞるんるん


次回は僕からあなたへメッセージがございます。


同じ悩みをもつ仲間として、よろしければお話を聞いてください。


ヒロシからのメッセージとは?>>>

ヒロシからあなたへのメッセージとは?

今日は、僕からあなたへメッセージがございます。


僕は、仕事柄毎日パソコンの画面を見ることが多くなり
年々視力が低下して行きました。


その結果、新聞や本、テレビの文字などが見づらくなり
とても不便に感じることが多くなりました。


仕方なく、コンタクトを付ける事にしたのですが、頻繁に手入れする必要があり、維持費も高く付く為にどうにかして視力を回復したいと思うようになりました。


それから、視力矯正用メガネの着用をしたり、ブルーベリーなど目に良いと言われているサプリメントを服用したり、「マジカル・アイ」の本を購入したり色々試しました思ったような効果は得られませんでした。


一時は、レーシック手術も考えたのですが保険も効かずにまだまだ高額な費用が必要になること、術後の副作用や個人差によって視力の回復に
程度の差が出ることなどを考えるとすんなり手術を受ける気がしませんでした。


そんな時、視力回復方法についてネットで色々検索していたら、
前回ご紹介した有料テキストを見つけたのです。


最初は、本当にこれで視力が良くなるのか半信半疑でした。


でも、ダメもとで購入してみることに決めたのです。


どうせダメもとで購入して効果が無くても後悔はしないと思ったからです。


そして、テキストに書かれている通りに実践したら1ヵ月後に
視力が上がっていたのでビックリしました。


もちろん、トレーニングは今でも毎日欠かさずやっています。


裸眼でモノが見える喜びは何とも言えないぐらいに嬉しいです。


ですから、この喜びを少しでも視力回復で悩んでいる人に伝えたくて
前回ご紹介した有料テキストをご紹介することにしたのです。


目は一生の宝物です。


視力低下は病気ではありません。


視力回復は夢ではありません。


このことを同じ悩みを持つ人にわかってもらいたいのです。


私でよろしければいつでも相談にのります。


何かご不明な点がありましたら、こちらのフォームから
お気軽にご質問くださいわーい(嬉しい顔)
タグ:視力回復
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。