logo5.jpg



目次
1・視力低下に対する悩みとは?

2・無料でもらえる視力回復法マニュアル

3・2週間で視力が回復する方法とは?

4・他の視力回復方法についての比較

5・視力が回復しないとどうなる?

6・豪華特典について

7・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



situmonbana.jpg



視力が回復しないとどうなる?

今日は前回の予告どおり、視力に関する恐ろしいお話です。がく〜(落胆した顔)


あなたは、今迄視力が悪いことでどのような弊害があるかを考えた
ことはありますか?


メガネやコンタクトに頼って一生生きていくのにどれくらいの
デメリットがあるのでしょうか?


昔は、目が悪い人にとってメガネは必需品でした。


ところが、メガネは煩わしいと思っている人が随分多いようですね。


例えば、『掛けている部分しか良く見えない』、『回りがボケているのが気になる』、『すぐにくもってしまう』などなど。


また、メガネもある程度の期間使用していると、掛け心地が悪くなったり度が合わなくなったりします。


そうなると当然買い換える必要が出てきます。


大人で大体2〜3年のサイクルで買い替えするのではないでしょうか?


子供ですと度が進むのも早いですから、もっとサイクルとしては早い
かも知れませんね。


また、落として壊して買い換える場合もありますよね。


最近は安いメガネもありますが、大体1〜2万前後のメガネを
買われている人が多いみたいですね。


メガネはコスト的には一番安く付きますが、やはり煩わしいのが
嫌だと思っている人が多いのではないでしょうか?


では、現在約1664万人が愛用していると言われている
コンタクトの場合はどうでしょうか?


コンタクトの場合は、メガネよりも維持費がかかります。


では、コンタクトを使い続けるといくらかかるでしょうか?


もし、普段はほとんどメガネをかけていて、週末出かける時だけコンタクトにして1日使い捨てタイプを使ったとしたら・・・


1日使い捨てコンタクト1箱 2,000円の場合


1箱 約2,000円 × 12ヶ月 = 24,000円


単純に計算して、 10年で、なんと24万円がく〜(落胆した顔)


さらに、メガネも2〜3年に1度買い替えたりすると
その分の費用も要ります。


実際は、ケア用品代・眼科での診察料などを入れるともっと
お金がかかります。


当然、コンタクト常用者の方ならもっと費用は高くなります。


僕の友人は2週間の使い捨てコンタクトで、ケア用品を含めて、
年4万ほどはかかると言っていました。


毎日使い捨てるタイプでしたら6万以上かかるそうです。


さらに、コンタクトの場合は危険も伴います。


便利で、快適なコンタクトですが、誤解や間違えた使い方が原因で
トラブルが増加しているそうです。


特にソフトコンタクトレンズは目に障害が起こっても痛みなどの
自覚症状が比較的少ない為、いつのまにか重い症状になっている
ケースが多いようですね。


コンタクトレンズは、適切な処方と装用、正しいレンズケアや
定期検査など、使い方のルールをしっかり守らなければ、
角膜を傷つけるなど、深刻な眼障害を引き起こしかねません。


また、直接目に付けるため手入れを怠ると眼病になる場合もあります。


主な眼病に『巨大乳頭結膜炎』、『ウィルス性結膜炎』、『角膜浸潤』、『点状表層角膜症』、『角膜血管新生』、『角膜内皮障害』、『角膜潰瘍』などがあります。


最後に最近話題のレーシックですが、問題点も多いようです。


例えば、執刀医の技術による手術の精度が重要視されている点です。


レーシックは、『角膜を削る手術』を行う為、手術後の経過や完治後の状態が執刀医の技量に左右されてしまいます。


また、手術を行った後に元に戻すことは出来ません。


仮に手術のやり直しが必要な場合でも、角膜に必要な厚さが残っていなければ、再手術を行うことも出来ません。


さらに、術後感染症になる可能性もあります。


手術は、角膜を切って手術を行いますが、切った角膜を元に戻す形で処置するため、実際に角膜を切ることにより、切り口から細菌などが入り、感染症になってしまう危険性があります。


感染症などのリスクは、術後の処置をしっかり行っていれば、かなりの確率で抑えることは可能ですが、リスクが『ゼロ』になることはありません。


レーシック手術後に感染症を起こしてしまい、目が白く濁ってしまうことがあります。


これは早期に治療すれば問題はないのですが、治療が遅れてしまうと、最悪の場合角膜を移植しなければならない可能性があります。


さらに、レーシックには医者の技術や医療器材に関するリスクが伴います。


フラップを元に戻す時に、そのフラップにシワが寄ってしまったり、手術中に角膜を削りすぎてしまうことなどで、不正乱視という症状が起きてしまうことがあります。


また、病院にある医療器材の影響で、フラップが不完全な状態で作られてしまうと、上皮剥離という症状を起こしてしまう可能性があります。


※フラップとは、レーシックの手術で使用する円状のふたのことです。

角膜の表面を薄く切り作られます。

このフラップはレーザーを当てるときの照準にしたり、
手術後の回復を手助けする役割を果たします。


以上、視力回復にまつわるちょっと怖い話をしてきましたが、
あなたはこのままで大丈夫ですか?


僕でお役に立てることがあればお手伝いさせて頂きますよ。わーい(嬉しい顔)


お気軽にご質問ください。


ご質問はこちらるんるん


視力回復を本気で考えているならこちらを購入した方が
手っ取り早いです。


価格以上の価値はありますのでわーい(嬉しい顔)


豪華特典を見る?>>>


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。