logo5.jpg



目次
1・視力低下に対する悩みとは?

2・無料でもらえる視力回復法マニュアル

3・2週間で視力が回復する方法とは?

4・他の視力回復方法についての比較

5・視力が回復しないとどうなる?

6・豪華特典について

7・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



situmonbana.jpg



まつ毛エクステ店」90%は危ない 「角膜炎」や「まつ毛損傷」多発


まつ毛1本ずつに接着剤で人工のまつ毛を付ける「まつ毛エクステンション(エクステ)」のトラブルが急増している。全国の消費者センターに寄せられた危害の相談件数は2007年が前年の倍の18件だが、これは氷山の一角で、実際に危害に遭ったのは相談件数の20〜30倍と推定されるという。原因の多くは施術者の技術力不足だそうだが、業界関係者の話によれば「エクステ店の90%は技術、知識が足りない」というのだ。

■実際の「危害」は相談件数の20〜30倍?

 まつ毛エクステとは、エクステンション(人工毛)を1本ずつの接着剤でまつ毛に付けていくもので、従来の人工まつ毛が束になった「付けまつ毛」よりも自然に見え、思い思いにボリュームアップできる。数年前から若い女性に支持され、07年以降はエステやネイルサロンなどでも施術する店が急増した。

 東京都生活文化スポーツ局によると、まつ毛エクステは法的規制がなく誰でも施術できるため、05年頃から専門店以外にも施術する業者が増えてきて、それに伴い全国の消費者センターへの相談が急増してきた。2007年が前年の倍の18件で、実際にトラブルになったのは相談件数の20〜30倍と推定されるという。

 危害の症状としては接着剤が原因の角膜炎とドライアイ。まぶたの痛みの後、まつ毛の半分が損傷を受けた、などがあるという。同局では08年2月21日にまつ毛エクステの危害情報をホームページで公開し、利用者に注意を呼び掛けるとともに、業界への実態聞き取り調査と、今後の対策について検討を始めた。

 それではなぜ、まつ毛エクステの危害が起きているのか。業界団体「日本睫毛エクステンション協会」の富島伸英会長はJ-CASTニュースの取材に応じ、

  「まつ毛エクステ人気を背景に、技術や知識が不足している者が施術するようになっているからです。現在、まつ毛エクステをしている店舗の90%はきちんとできていない、と見ています」

という惨憺たる状況にあるのだそうだ。

手が目になる「Siafu」コンピュータ


ん? …何かがモクモクと立ち上がってますよ?
実はこれ、写真です。

視力がなくても使えるよう、ダイナミックなブレール式点字の表面と触知コントロールをひとつにしたジョナサン・ルーカス(Jonathan Lucas)氏のデザインコンセプト「Siafu」です。

毎日毎日モニターで網膜すり減らしてると、「次の瞬間、目が見えなくなったらどうしよう?」と急に不安に駆られることありますけど、こんなのがあったら不安も半減ですよね。


【 キーボード写真と「Siafu」コンピュータの写真ギャラリー 】


こんな風にワードの連なりを手で触ってクリックできて、この同じ表面に一番上の写真みたいに、まるで3Dの彫刻のように写真が突き出て表示できるというわけですね。?ギャラリーも上のリンク先に貼っときましょう。

素材はマホガニーで、そこら辺はコンピュータのアイディア同様コンセプトで終わっちゃいそうな気がしますけど、でも、実現できたら、こんな素晴らしいことないですよね。

J&J、コンタクトレンズ「アキュビュー オアシス 乱視用」


目の健康を考えた使い捨てコンタクトレンズを追求するジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケアカンパニー(住所:東京都千代田区西神田3丁目5番2号、代表取締役:大瀧守彦)では、次世代のコンタクトレンズ素材“シリコーンハイドロゲル”を採用した「アキュビュー オアシス」と「アキュビュー アドバンス」を昨年同時発売し、コンタクトレンズ市場の拡大とともに“シリコーンハイドロゲル”レンズ市場を確立してまいりました。そしてこの度、日本初となる“シリコーンハイドロゲル”素材を採用した2週間交換終日装用タイプの乱視用ソフトコンタクトレンズ「アキュビュー オアシス」乱視用を2008年3月18日より発売いたします。

 現在、日本人で「乱視がある」と自覚している人は約1,150万人(※)。これは視力矯正を必要とする人口全体の約2人に1人もの人が乱視を自覚していることになります。しかしながら日本では「ソフトコンタクトレンズでは乱視矯正ができないのでは?」「装用感がよくない」などという認識もあり、残念ながら乱視矯正用ソフトコンタクトレンズの浸透率は乱視自覚者全体の僅か5%(※)(アメリカは13%)にとどまっているのが現状です。

 目の黒目部分である「角膜」はレンズの役割を果たしますが、乱視は多くの場合、この「角膜」の歪みによって起こります。角膜の歪みが大きくなり乱視が強くなると、遠くも近くも見えにくくなったり、物がぶれて見えるようになります。

 「アキュビュー オアシス」乱視用は、(1)迅速で高い回転制御と回転安定性を実現する独自のレンズデザイン“ASD(アクセラレイテッド・スタビライゼーション・デザイン)”、(2)レンズ全体にうるおい成分(親水性高分子)を取り込む独自の技術“ハイドラクリアプラス・テクノロジー”、(3)高い酸素透過性を持つ次世代素材“シリコーンハイドロゲル”、の3つの要素を兼ね備えた、クリアな視界と乾きに強い快適な装用感の実現を目指した乱視用ソフトコンタクトレンズです。

 この度の「アキュビュー オアシス」乱視用の発売により、乱視で悩む多くの皆様にクリアな視界と快適な装用感をお届けするとともに、乱視用ソフトコンタクトレンズと“シリコーンハイドロゲル”レンズ市場のさらなる拡大を目指してまいります。

「乱視用」2週間使い捨てコンタクトレンズが登場


使い捨てコンタクトレンズ輸入・販売のジョンソン・エンド・ジョンソン、ビジョンケアカンパニー(東京都千代田区)は13日、2週間使い捨ての乱視用ソフトコンタクトレンズ(CL)『アキュビューオアシス 乱視用』を発売すると発表した。

 「次世代型」とされるシリコーンハイドロゲル素材を使用したことで、海外市場で先行する乱視用2週間使い捨てタイプに比較し3倍高い酸素透過性を実現。保水成分も多く組み込み、乱視用で問題だった“装用感の悪さ”を解消した。

 同社調査によると、12〜39歳の日本人で「乱視がある」と自覚している人は1150万人。視力矯正の必要のある人の半分近くが乱視を自覚している計算になるが、乱視用ソフトCLを使用している人はこのうち5%程に過ぎない。装用感がよくないこと、使い捨てでないとタンパク除去が必要なため、ハードCLや使い捨てより手入れが面倒なこと、手入れしていても汚れが残ってしまいやすいこと、などが利用の少ない理由だ。

 乱視矯正をせずに視力を得ようとすると、近視の矯正がきつい「過矯正」につながりやすく、肩こりや目の不快感、首のこりや痛みといった健康問題の原因となる。それでも、「ハードCLは痛くて使えない、ソフトなら使い捨てが良い」といって、近視用レンズでごまかしている乱視患者は少なくない。

 今回発売される『アキュビューオアシス 乱視用』は、酸素透過性の高いシリコーンハイドロゲル素材を日本で初めて使用したことが特徴。CLを着けていても、裸眼時の98%の酸素が角膜に届く環境を実現した。さらに、親水性高分子を組み込む独自技術でレンズ全体の水濡れ感を向上させたことで、より乾きに強く、目の健康に良い状態が作られるようになった。

 乱視用ソフトCLで問題になるレンズ回転の制御には、「アクセラレイテッド・スタビライゼーション・デザイン(ASD)」という、まばたきのたびにレンズが正しい角度に回転し、そこで安定する設計が使用された。

 同社によると、日本で使用されているCLの77.6%はソフト(2007年)で、ハードは22.4%。2003年に比べソフトユーザーの割合が1割以上増えており、乱視用ソフトCL市場は拡大が見込まれる。

 「乱視矯正によるクリアな視界と快適な装用感が可能になった。乱視でもかなりの部分の方が適用化だと思う。乱視だからといって、ソフトCLをあきらめないでほしい」

と同社マーケティング本部プロダクトマネジメントディレクターの松村忠浩氏は話している。

 適用度数は、球面度数、円柱度数、円柱軸で決められる。比較的重度の乱視(円柱度数-2.25D、円柱軸180°まで)にも対応できる。発売日は3月18日。1箱6枚入り。オープン価格。

視力回復でe視力


現代人は、パソコンなどのOA機器をよく使うようになって、視力低下は身近な問題になっていますね。視力を回復させる最善の方法としては、現在では以下の4つに絞られますね。

メガネやコンタクトレンズで、視力を矯正
視力を回復するためのトレーニングをする
目にレーザーをあてて、視力を回復する(レーシック)
特殊な形状のコンタクトレンズを装着して角膜の形を変え、視力を回復する
一番簡単で手っ取り早いのが、メガネ・コンタクトでの視力矯正です。しかし、メガネだと見た目が変わってしまったり、コンタクトは目に合わなかったりしますね。人によっては、目に炎症を起こしたりしてあまりよくない状況を引き起こす場合もあるでしょう。

一番安全なのは、視力回復トレーニングで、視力を回復させることですが、視力を回復するにはそれなりの時間がかかりますねし、自分の納得のいく視力まで回復できるとは限りません。特に中、強度の近視になると、回復も相当の時間と労力が必要となってくるでしょう。トレーニングを継続できる精神力と忍耐力が必要となりますね。

一番即効性があって確実に視力が矯正できるのが、レーシックなどの視力矯正手術です。しかし、ある程度お金がかってしまうのと、簡単ですが手術ということもあり、多少の不安もあると思われますね。最近では、レーシックなどの視力矯正手術も、一般的に認知されている傾向にありますね。

アントシアニン


目の中の「網膜」には、光に反応して脳に情報を伝える“視細胞”があります。この視細胞の中には“ロドプシン”というたんぱく質があり、これによって、光刺激を信号に変え脳に伝えることで、「見える」と感じています。ところが、長時間目を酷使していくと、これが徐々に分解されて減ってしまいます。

 ブルーベリーに豊富に含まれている“アントシアニン”という色素が、“ロドプシン”の再合成を助ける作用をもつことがわかりました。このため、ブルーベリーを摂取すると“ロドプシン”の再合成が活発になり、目の疲れやものの見え方が改善するのです。また“アントシアニン”は、他にも抗酸化作用、血流改善作用、血管保護作用、抗炎症作用もあり、目だけでなく体にとっても有益な物質なのです。


では、実際にどのようにブルーベリーを摂取すればよいのでしょうか? 目に対して効果を期待するのであれば、生のものでは、1日90g以上を継続的に摂取する必要があります。日本ではビルベリーの生育が難しく、入手が比較的困難であることから、やはりサプリメントとして摂取することがお勧めです。その中でも、アントシアニンの含有量が高いものを選ぶようにしましょう。

 ジュースやジャムは気軽に手に入るのですが、あまり効果的ではありません。両方とも糖分やカロリーが高いものが多く、多量に取り続けると糖尿病が悪化してしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。

目の疲労回復や視力改善に“ブルーベリー”サプリ


このごろ職場で夜遅くまでパソコン作業をしていると、目がかすむし、疲れやすい……。そのような症状がある人は、きっと目に負担がかりやすい環境下にいるのでしょう。

 そんな中、巷では、“ブルーベリー” の目の疲労回復や視力改善効果が注目されていて、生のもの、冷凍のもの、サプリメント、ジャム、ジュースといろいろな形で市販されています。一体、何故ブルーベリーが目に良いのでしょうか? 今回は、“目とブルーベリー”の関係について解説したいと思います。

がありますが、北欧に多い野生種の「ビルベリー」が目に最も効果があるとされています。

発端は、第二次世界大戦中にまでさかのぼります。ある空軍パイロットが、ブルーベリージャムが大好物で、いつもパンにたっぷり塗って食べていたそうです。あるとき、そのパイロットが、「薄明かりの中でも、ものがはっきり見えた!」と報告しました。その話がきっかけとなり、ブルーベリーに関する研究が世界的に始まっていったのです。

「前」視細胞移植でマウスの視力回復


目の見えないマウスに、網膜の奥で光を感じる視細胞になる前の細胞(前駆細胞)を移植して視力を取り戻すことに、ロンドン大など日米英の研究チームが成功した。網膜色素変性症などで視力を失った患者の治療に生かせる可能性がある。英科学誌ネイチャー電子版で9日発表する。

 研究チームは、視細胞やその前駆細胞が出す特別なたんぱく質を目印にして、網膜にある様々な段階の細胞を取り出す技術を開発。生後間もないマウスからそれらの細胞を採取して別のマウスの網膜へ移植した。

 視細胞や、おおもとの細胞(幹細胞)は消滅してしまったのに、前駆細胞は網膜に定着した。

 この前駆細胞を、網膜の病気で視力を失ったマウスへ移植。1か月後、瞳孔に光を当てた際の反応などを調べたところ、視力が回復。視細胞の反応を電気信号で神経細胞へ伝える組織ができていることも確認した。

(2006年11月9日 読売新聞)

息子の歯使った人工角膜で視力回復=アイルランド


【ダブリンAFP=時事】アイルランドで2年余り前に爆発事故に遭い失明した男性がこのほど、息子の歯を使った人工角膜の移植を受けて視力回復に成功した。≪写真は杖を握る盲目の男性≫
 この男性は西部メーヨー州のボブ・マクニコルさん(57)。マクニコルさんは2005年11月、リサイクル関係の職場で赤熱した液体アルミニウムの爆発事故に遭い失明。アイルランドの医師からは治療法はないと言われたが、英ブライトンの病院で歯根部利用人工角膜(OOKP)という信じられないような手術が行われたことを聞き知った。OOKPは患者の歯あるいは骨から人工角膜を作るもので、1960年代にイタリアで開発された治療法という。
 実際の治療ではマクニコルさんの息子ロバートさん(23)が自分の歯と歯根、あごの一部を提供。まずマクニコルさんの右目が再建され、そこに歯の一部を挿入、歯に開けた穴にレンズが入れられた。手術は2回に分けて行われ、一回目が10時間、2回目が5時間かかった。
 当初は「一生目が見えないまま過ごすのだと思った」というマクニコルさんだが、「今では出歩くのに十分な視力があり、テレビも見られる。真っ暗闇から抜け出し、簡単なことならできるようになった」と話している。〔AFP=時事〕

LASIK、オルソケラトロジー視力回復の最前線とは


深夜になると、コンタクトが乾いて目がシバシバ。眼鏡にしても耳のまわりが痛くなりがち。ああ、どうにか近眼を治す方法ってない?

「医学的な『視力回復』として現在主流なのは、オルソケラトロジーとLASIKですね」とは、目の健康と“パソコン病(予防)”に詳しい『デジタル保健室』の高林克枝さん。「オルソケラトロジーとは、就寝中に特殊なハードコンタクトレンズで角膜の形を矯正して、近視を治す療法です。手術は不要ですが、矯正コンタクトの装用をやめると角膜の形は元に戻ってしまいます」

一方のLASIKは最近まわりでも「やった」という話をチラホラ聞きますが、実際のところどうなんでしょう? 品川近視クリニックの青山勝院長にうかがいました。

「これは当院のデータですが、2年前は月に1500件だったLASIK手術数が、今年の1月で1万5000件とおよそ10倍になってますね。現在LASIK先進国の米国での手術数が年間140万件ですから、日本では年間70万から100万件ていどまで伸びるのでは、と目されています」

ただ視力が回復しても、やがて老眼が入ってふたたび眼鏡のお世話になるのでは?

「LASIKでは、レーザーで角膜に蓋を作り、それを開いた部分にレーザーを照射して視力を矯正しています。さらにそこへ老眼用のレンズを入れて、近くも見えるようにするのが『角膜内レンズ』。これが早ければ年内にも実用化されそうですね」

LASIK後でも手術できるため、老眼対策としてはもっとも有力なのだとか。

「ただし視力回復手術をした後でも、目を酷使すると再び視力は落ちます」とは前出・高林さん。「最近注目されているのが『週末老眼化現象』です。毎日のパソコン仕事の疲れがたまって週の後半になるとピント調節機能が働かなくなり、ぼやけがちになる。とにかく疲れを感じたら目を休ませること」

オススメ対策は別表(※R25.jpでは表が表示されています。)にて。僕も原稿で疲れたから、早速やってみよ!

人工の眼で視力を回復する


科学が、またひとつ光明を与えてくれました。

「Boston Retinal Implant Project(ボストン網膜移植プロジェクト)」が人工眼の移植の試作に成功したそうです。これは加齢性黄斑変性症という病気で失明した人に対して有効な方法で、眼球の後ろ側にチップを埋め込み、髪の毛よりも細い電線で脳とつなぎ、そこから光信号を脳に送ることによって実現されます。
現在は全くモノが見えない状態から周囲に何があるかぼんやりと感知できるくらいまでには到達しているそうです。開発者たちはより性能を上げ、人の表情のディテールがわかるくらいまでには到達したいと考えているとか。

なお、この技術には限界もあります。たとえば生まれつき目が見えない人や、緑内障によって視力を失った人には効果がないそうです。あくまでもかつて視力があり、今でも部分的に視神経が働いていることが条件だとか。それでも素晴らしいニュースですね。

ES細胞使い視力回復


聖マリアンナ医大の研究グループは万能細胞の一種であるマウスの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から視神経を作製することに成功した。失明したマウスに移植したところ、視神経が再生し光を取り戻すことができた。人にも応用可能になれば、中高年に多い緑内障の視力回復につながるかもしれない。13日から名古屋市で始まる日本再生医療学会で発表する。

 今後は、京都大学の研究グループが世界で初めて作った新型万能細胞(iPS細胞)でも同様の研究に取り組む。

視力回復にはもう治療法


爆発事故で失明したアイルランドの男性が、息子の歯を用いた人工角膜を移植することによって視力を回復した。

 移植手術を受けたのは、同国西部メイヨー(Mayo)州在住のBob McNicholさん(57)。McNicholさんは2005年11月、リサイクル工場で、液化アルミニウムが爆発した事故で失明した。

 McNicholさんは、同国RTEラジオに、「一生、目が見えないと思った」と振り返った。

 McNicholさんは、アイルランドの医師から、視力回復にはもう治療法がないと宣告された後、英国ブライトン(Brighton)の病院で行われた歯根部利用人工角膜(Osteo-Odonto-Keratoprosthesis、OOKP)と呼ばれる奇跡的な手術の存在を知った。この技術は、1960年代にイタリアで開発されたもの。

 手術には、息子のRobertさん(23)の歯、歯根、あごの一部が使用された。歯に穴が開けられ、そこにレンズをはめ込んで作られた人工角膜が移植された。一回目の手術は10時間、2回目は5時間の時間を要した。

 McNicholさんは、「今や出かけるにもテレビを見るにも十分な視力。完全な闇から単純なことができるようにまでなった」と喜びを語った。

視力回復画像


視力回復画像というのは左右の眼が別々の画像を見ることで、立体的に浮かび上がる画像のことをいいますね。一般的には立体視といいますね。

立体視をすることによって、普段の日常生活では使われていない眼の潜在的な能力を呼び起こすことができるようになりますね。結果として視力回復に役立つということになりますね。立体視には二つの見方がありますね。平行法と交差法です。平行法というのは左右の眼をまっすぐにして視力回復画像を見ることをいいますね。右眼は右側の画像を、左眼は左側の画像を見ますね。左眼と右眼の視線を平行に保つ必要があるため、平行法と呼ばれますね。うまく平行法で見るコツは肩の力を抜いて、リラックスした状態でぼんやりと遠くを見るようにすることです。どうしても平行法ができない場合は、左眼と右眼の間に紙や手などをおいて、左右の視線が交わらないようにしてみると比較的簡単にできるようになりますね。

視力回復トレーニングとランドルト環


眼というのは毎日、劇的に変化するものではないので、ランドルト環の検査は毎日する必要はありません。測定は3日に一回とか、週に一回といったふうに、自分なりのスケジュールを決めて、機械的に行っていくとよいでしょう。

トレーニングとランドルト環の検査をうまく組み合わせて、取り組んでいくことができたら、眼は少しずつ回復し、元のように良くなると思いますね。

手っ取り早く、眼科のクリニックでレーシックのようなレーザーによる近視の視力矯正手術を受けて回復したり(東京都だと品川・南青山・銀座・新宿、神奈川県だと横浜市、愛知県だと名古屋市、福岡県だと福岡市・久留米市、北海道だと札幌市、関西だと京都・大阪・神戸、あとは仙台・静岡・富山・岡山・広島などの比較的大きな都市だと有名な眼科のクリニックがありますね)、視力回復機や器具などのグッズ(アイマスクや超音波治療機器のアイパワーなど)で眼の運動・体操をして回復したり、メガネ・ソフトコンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズなどで矯正してもよいと思いますねが、まずはその前に、生活に支障のないレベルまで眼を回復させるために、自宅で無料で利用できる当サイトと一緒に眼の回復に取り組んでみませんか。

視力回復トレーニングは毎日


視力回復のトレーニングは毎日することをおすすめしますね。仮性近視あるいは強度の近視を治すには、視力回復トレーニングを継続して行うことが大切になってきますね。間隔をあけたり、あるいはやめたりすると、視力回復の効果が期待できなくなりますね。眼の回復は継続が大切です。視力を上げることを眼指すなら、暇を見つけて続けましょう。

視力回復トレーニングでは立体視を利用しておりますね。立体視はマジカルアイやステレオグラムとも呼ばれ、平行法と交差法の二種類の見る方法が存在しますねが、これらに関しての詳しい解説は視力回復画像の見方をご覧ください。

最初は、立体視するのが難しくて失敗するかもしれませんが、ぜひ体験してみてください。訓練して慣れてくると、簡単に立体視できるようになりますね。また、瞬間的にとらえる練習をすることで、回復の効果だけではなく、瞬時に焦点を合わす動体視力の向上に繋がりますね。遠近感や立体感を感じとる能力を養ってくれるので、運転免許更新の時の深視力検査を受ける際のお役にも立てると思いますね。また、テスト勉強やテレビゲームなどで眼を酷使してしまった子供さんの眼の健康のためにもおすすめです。以下の画像は立体視画像の一例です。試してみてください。

視力回復トレーニングを受ける


ただ、視力回復トレーニングを受けるに当たって、一点だけ注意してくださいね。
それは、視力回復には非常に時間が掛かるということです。
でも、視力回復トレーニングを続ける期間が長ければ長いほど、視力が回復します。
視力回復トレーニング中、「本当に視力が戻るのか?」と疑心暗鬼になるでしょう。
でも、ご安心を。
視力は、必ず回復します。
あせらず、じっくりと視力回復トレーニングに取り組んでくださいね。
そうすると、知らない間に、昔の視力が回復していきます。
さぁ、今から視力回復トレーニングに取り組みましょう。
ピントのボケていない、視界のはっきりした世界が、すぐそこに広がっています。
時間の少しある方は、視力回復トレーニングを受ける前に、眼についてのお勉強をしましょう。
眼についての勉強をすると、視力回復トレーニングを実施する事によって、なぜ視力の回復するのかが良く分かります。
眼についての勉強と共に、眼の健康についても勉強すると、より一層、視力回復がスムーズに進展すると思います。

視力を回復させるトレーニング方法


・パソコンのし過ぎで、視力が悪くなった。
・本の読みすぎで、目が悪くなった。
・なんだか目が疲れやすい。
・眼鏡のかけすぎで、目が疲れやすい。
・眼鏡が合わなくて、視力が悪くなった。
・有料の視力回復トレーニングを受けようと思っているけど・・・。
・視力回復のレーシック手術をうけようかどうか迷っている。
・どうにかして、視力を回復させたい。

視力に関するトラブルは、多種多様ですね。
視力をなんとか回復させたい。
手軽に視力回復のトレーニングを受けたい。
元の視力に戻りたい。
でも、どうしたらいいのか分からない。
視力が回復するなんて夢物語だ。
と、思っていませんか?

そんなあなたは、気が早い。
視力を回復させるトレーニング方法があるんですね。
当センターがお勧めする、視力回復トレーニングで視力が回復するんですね。
視力回復トレーニングを受けることにより、
・視力が回復し目が今までよりも見えるようになる。
・目を鍛えるので、目が健康になる。
・視力の回復と共に、動体視力もよくなる。
・目がよく動くようになるので、視野が広くなる。
・視力が良くなるので、眼鏡がいらなくなる。
・眼鏡がいらなくなるので、目が疲れにくくなる。
と良い事尽くめですね。

目の疲れを取る


目を使うと、目が疲れてきますね。
これは、きんにくを使うと、きんにく痛になるのと同じ要領ですね。
そんな時、どうしたらいいでしょうか?
きんにく痛だったら、きんにくをマッサージしますね。
では、目の場合は?

目の疲れも、きんにく痛と同じで、マッサージしますね。
目を閉じた状態で、まぶたの上から、軽く指で数回押しますね。
これだけで、一時的に落ちた視力を回復させる事ができますね。

もう一つ、方法がありますね。
目の視神経は、クビの後ろの骨の横に集中していますね。
その視神経を指圧などで刺激を与えますね。
パソコン作業などで、目を凝視した後などに、この指圧を行うと視力低下を回復させる事が出来ますね。
クビ以外では、目の左右にもツボがありますね。
ちょっとした時間の合間にでも、目の疲れを取り、リフレッシュする事をお勧めしますね。

視力を回復させる方法は、二通り


視力を回復させる方法は、二通りありますね。
1、擬似的に視力回復
2、根本的に視力回復
この二通りが、大まかな視力回復方法ですね。

まず、擬似的な視力回復の方法は、メガネをかけることですね。
メガネをかけることにより、遠くの物体を見ることが可能になり、擬似的に視力回復を図ることができますね。
メガネと同じく、コンタクトレンズも同様に擬似的に視力を回復させる方法ですね。

次に、根本的な視力の回復の方法は、手術によるものですね。
視力回復手術として、最近、認知されるようになったのは、レーシック手術ですね。
詳しくは、分りませんが、目の角膜に手を加えるらしいですね。
もう一つ根本的に視力を回復させる方法として、視力回復トレーニングがありますね。

当サイトでは、視力の回復方法として、視力回復トレーニングを紹介していきますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。